塩分やタンパク質を抑える|腎臓病食の宅配でしっかり管理する

女医

病気にならないために

医者

よく高血圧や低血圧という言葉を耳にします。ですが、血圧とはそもそもどういった働きのことか知らない方も多いと思います。自分の血圧を心配する前に、どういったものなのか知っておきましょう。人間は静脈と動脈といったふたつの血管を持っています。この血管は心臓を通して体中に栄養素や酸素を排出しています。また、老廃物を回収したりもしています。これらの働きをしている際血管に圧がかかるのですが、その時にかかる圧のことを血圧といいます。心臓の動きが早い人ほど血圧が増えるので高血圧であると言われています。血圧が高い人は上が140以上、下が90以上と言われています。血圧が高いと大きな病気を引きおこしやすくなってしまい非常に危険です。ではどういったことで予防することができるのでしょうか。

予防法として考えられる一番の方法は食事です。塩分の多い食事は非常に良くないと言われているので注意が必要であります。特にお酒を飲む方は高カロリーで味の濃い食事を好む傾向があるので食事に気を付けることが必要です。エネルギーを取りすぎることもよくないと言われています。その原因は、カロリーを消費しきれないからです。また、脂肪分の多い食事もとらないようにすることが重要であります。これらのことに気を付けることで防ぐことが可能であります。それから運動も積極的に行うことで肥満を防ぐことができるので心臓にかかる負担も少なくなるので重要であると考えられます。これらのことに気を付けていてもなってしまったら、病院に行き薬をもらうことが良いでしょう。