塩分やタンパク質を抑える|腎臓病食の宅配でしっかり管理する

お年寄り

病気にならないために

医者

血圧は必要な栄養や酸素を体中に運び届ける、生きる上で欠かすことの出来ないものです。高血圧にならないためには食事や運動に気を付け、生活習慣を整えることで良好な健康状態を維持しましょう。

View Detail

健康寿命を延ばすために

食事

健康になるために、ずっと自分の足で歩くことができるようにするためには、毎日の生活を見直すことがとても大切です。適度な有酸素運動、そして血圧を下げる食事を心掛けて、健康寿命を延ばし、毎日笑顔で楽しく過ごしましょう。

View Detail

食事で行う腎臓ケア

老人

腎臓は生命活動の維持に重要な役割を果たしているため、腎臓病を発症すると全身の健康がおかされるリスクがあります。治療にはさまざまな方法がありますが、日常的には腎臓に負担をかける成分の摂取を控える食事療法が有効です。

View Detail

腎臓病用の食事を配達

和食

腎臓病用食の配達が人気

腎臓病にかかると、食事制限が必要となります。一日当たりの摂取タンパク質量が30グラム以内であるとか、塩分量が6グラム以内など、制限がかかります。腎臓は、摂取したタンパク質などの老廃物をろ過して排泄する機能がありますが、腎臓病ではこの機能が低下するので、腎臓に負担をかけるタンパク質や塩分を制限する必要があります。この腎臓病の食事(腎臓病食)を宅配で届けてくれるサービスが人気となっています。毎日三食、365日、タンパク質や塩分を制限した食事を作るのは大変だからです。また、塩分やタンパク質を制限すると、どうしても味気ない食事になったり、必要な栄養が不足したりしますが、宅配の腎臓病食では、毎日食べても飽きないメニューをそろえているところもあるので、人気となっています。

選び方と工夫

腎臓病食の宅配を行っている業者は多数ありますが、選ぶポイントがあります。まず、タンパク質の量が一食当たり10グラム以内、一日当たり30グラム以内など、腎臓病食として十分なレベルかどうかという点です。中には、低タンパク質やタンパク質制限食という表記だけのところもあります。また、全体の栄養バランスも重要で、例えば食事療養用宅配食品等栄養指針では、一日30品目以上で野菜量が350グラム以上などという基準が設けられています。それを満たした宅配の腎臓病食を選ぶこともポイントです。価格の方は、一食当たり700〜900円という範囲が多くなっています。三食とも注文する以外に、夕食だけとか、忙しいときだけとか、冷凍を注文して保存しておくと言った工夫をすると便利です。